公共料金や各種料金の支払いでもポイントをためる

イオンカードのときめきポイントを上手にためる方法はいくつもあると思いますが、個人的には公共用金や国民年金保険料、プロバイダ料金などの毎月の支払いのような各種料金の支払いにもイオンカードを使うといいと思います。
これらの料金の毎月の支払いの管理は面倒だと思いますので、イオンカードを利用することで明細が一本化するという利点もあります。管理も楽になり、ポイントも溜まるというまさに一石二鳥であると思います。
一例をあげますと、1ヶ月の料金が、電気代6000円(30ポイント)、ガス代6000円(30ポイント)、水道代6000円(30ポイント)、携帯電話10000円(50ポイント)、プロバイダー5000円(25ポイント)であったとして、全てイオンカードを利用して支払うと、一年間で1960ポイント溜まります。
支払う必要のある料金を今までどおり普通に支払うよりも楽にかつポイントまで溜まるというのは非常にお得ではありませんか?
そのほかにも各種支払い料金があればそれらを全てイオンカードで支払うことにしてもいいと思います。ためたポイントはさまざまな商品に交換できますので、ポイントをためる楽しみ、、勝因を交換する楽しみがもっと増えると思います。どんどんポイントをためたくなりますね。